スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PH68話までの妄想

タイトル通り、Pandora Hearts68話(GF1月号)までのネタバレを含みます。ご注意ください。




さっそく、ブログという場所を使っていた~い乙女の心の内をさらけ出していこうと思います。
以下、箇条書きで。

・封印の石について
65話で、封印の石からグレンの首が出てきました。ギルのマスターがグレンだということも判明しました。今までの私の中でのジャックとグレンの立場が反転しました。
そのことから私は、『ジャックの魂が百の巡りで甦らないようにグレンが自分の肉体を切り裂いて封印した』といこうとかと思っていたのですが、そうではないのでしょうか?パンドラの地下にある封印の石が破壊された直後にジャックが嬉しそうな顔をしていたのでそうなのだとばかり思っていました。
そういえばオズって、いつも封印の石が破壊される直前に黒うさぎの力を使ってますよね。

1.サブリエでグレンに会って暴走、パパに会って暴走しそうになってアリスに止められる→ファングが封印の石を破壊
2.リータスの屋敷でマリー相手に暴走、アリスに止められる→首狩り(ヴィンス)が封印の石を破壊
3.ユラの屋敷でユラとその怪しい仲間たち相手に暴走しチェインや建物の一部などを破壊、アリスに止められる→ダグが封印の石を破壊
4.パンドラにてリーオ相手に冷静に黒うさぎの力を使う→バスカヴィルの誰か(ロッティ?)が封印の石を破壊

なんでだろう?オズは封印の石を壊された後に暴走しますならしっくりくるのになぁ。封印の石にはグレンでもジャックでもない誰かの魂が封印されていました、ってオチもアリかも知れませんね。
整理していて気付きましたが、アリスはいつもオズのことを止めてくれてるんですね。さすがヒロイン!男前!!


・68話最後のギルとヴィンスについて
いやっほぉーい☆最後の最後にギルとヴィンス登場でテンション上がりました。この調子でアリスも登場してくれ~!
ヴィンスは「お屋敷に戻らないとまたひどいことされちゃうよ」と半泣きでした。
………そのお屋敷ってベザリウスだったりバルマだったりしないのかな?
すいません。さすがにそれはないですよ、ね?でもあのジャックがギルとヴィンスを優しさで拾ったとも思えなくて。

・100年前のギルとアリスの関係
描写の少なさがすごいです。ヴィンスとアリスの描写はたくさんあるので余計に違和感を感じます。うふふアリスに対しては殴りかかり、男前アリスには「殺してやる!」という描写のみ。
しかしここ1年のパンドラのどんでん返しの多さ的には意外と仲が良かったというのもありえなくはないですね。

・ギル裏切り説
ギルのかつてのマスターがグレンだと判明し、たくさんのパンドラ関連のサイト様でギルがオズのもとを離れるのではないかと囁かれるようになりました。しかし私はギルは裏切らないんだと信じてます。(一応申し上げておきますが他のサイト様たちを非難しているわけではありません。)
考えてみてください!ギルの魅力ってなんだろう、と。
ヴィンスはパンドラもバスカヴィルも利用し、たくさんの人を平気な顔して傷付け、時には兄さえも騙します。それでも魅力的に感じられるのは「ギルのため」を貫いているからでしょう。悪役の一人ではなく大きな罪を抱え、受け入れられずにだだ「ギルのため」を理由に生きることによって自分を保ってきた弱い人間………といったところでしょうか。
対してブレイクはどこまでも強く器用な人だと思います。普段の態度はアレですが剣術は最強、チェインも最凶、頭もキレるしオズやギルには助言をしてくれて、シャロンのことも大切に思っている。目的のためにオズたちを利用しながらも格好良さと優しさで読者さんの中でもかなり人気があります。挙げ句の果てにはバスカヴィルと手を組もうとまでして。だけどやっぱり彼の過去、意志の強さは魅力的で………。
さて、ギルにはどの様な魅力があるのでしょうか。先述のヴィンスやブレイク程の意志の強さはないと思います。良い意味でも悪い意味でも迷いの多いキャラです。それでも私がギルを好きなのは共感できるキャラだからです。迷ったり悩んだりとウジウジしていて残酷になりきれない、「人間らしい弱さ」がよく表現されています。バスカヴィルであることが判明しましたが私は彼程人間らしいキャラはいないと思います。
彼は再び悩み、迷うことはあってもオズを独りにすることはありません。私はそう信じています。


はぁぁ~、長くなってしまいました。ごめんなさい。
ではこれにて退散!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。