スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想、再び…

こんばんは~。
拍手ありがとうございます。こんな腐りきったブログに拍手やコメントをしてくださる方がいるなんて………すごく嬉しいです(*≧∀≦*)
今日、たくさんのパンドラハーツの感想を扱うサイト様を回ってきました。
その結果、わかりました。
ジャックは嫌いじゃないが外道だと思っているのは私だけでないことを…
そして、GF発売日からふざけた感想を書いているのは私だけだということを。

以下、パンドラハーツ70話のネタバレありです。
未読の方はご注意ください。



・ホラ吹き男(ジャック) in オズくん
「そこ」から私のことは視えているのかい?グレン―――そう言ってリーオを見下ろすジャック。
あぁそりゃさぞかしいい眺めだろうな、と言いたくなります。

・正座しているロッティさん
驚愕の表情を浮かべています。
恋心を抱いていた当主の首が出てきたんだもん。

・何気にちゃっかり
エミリーさん、本誌登場おめでとう!!

・やっぱり気になる二重線
ギルの台詞のことです。
65話では二重線で「マスター」だったのに今回はノーマルで「マスター」呼び。
「ヴィンス~すべて…」は二重線なのに。
“マスター”の対象が65話と70話とで違うのかな。

・ホラ吹き男のホラっぽくない台詞
「この躯がオズ=ベザリウスのものなんて、そんなのは嘘だ」
「君という存在は決して何も得られない、なし得ない」
「君が望む何者にも成ることはできない、できない!できない!」
「なぜなら君は虚無だからだ。君が全てを壊すからだ!」
オズくんは自分が望む何者にもなれないってことは…
アリスを見守る存在にはなれないとか、
ギルやリーオの友人ではいられない、とか
オスカー叔父さんやエイダのそばにはいられない…とか。なのかな?
それにしても、“虚無”が“全て”を壊すっておかしくないか?

・「レイシー、私は…必ず君の望みを――」
レイシーの望みじゃなくてジャック自身の望みを叶えるための行動じゃないの?
ここにも一人、「誰かのために」を使う人が……
それとも、本誌に載っていないどこかでレイシーと何か約束とかしたのかな?

・1巻のアレ「誰かに仕組まれた滑稽なお伽噺」
はい、ジャックが仕組んでいました。
オズくんがアヴィスに堕とされて脱出するのも計画内なの?
だったらなおさらザイが何者なのか気になります。
ジャックと繋がってるのかな?

・ギルは斬られたから無事だった?
黒うさぎ登場シーンでチェインの下にギルが倒れています。
ギルは斬られたから黒うさぎの餌食にならずにすんだのかしら。
不幸中の幸いってやつかな。

・グレン様の台詞「そのチェインの力を使って貴様は鎖を断ち切ったのだな。こうなることを承知の上で…!」
“鎖”って何だろ?
“こうなること”はたぶん、サブリエの悲劇で人がたくさん殺されたことだよね。たぶん。

・“オズ”に語りかける少女
どのサイト様を見てもあの少女は“白アリス”の方だろうと書かれていました。
でも私は“黒アリス”の方じゃないかと思っています。
表情が先月の「肉!」って喜ぶアリスのまんまだったから……
アリスの口調ってオズワルドの真似なんですよね。なら、真似する相手に出会うまでは違う口調だったのかな。
アリスってオズワルドの前でだけあの口調だったんじゃないかなー…なんて。
8巻のジャックの手記でも、ジャックにバレるまで女の子口調だったし。
アリスの“最も使いなれた口調”は女の子口調の方だったりして。
オズワルドは頑張って自分の世話を見てくれるけど、一緒にいれる時間は少ない。
オズワルドに「寂しい」と言えないアリスは“オズ”に依存するようになりましたー、とか。

・アリスの台詞「あなたは特別~助けてちょうだいね」
省略しました。すみません。
5巻でこの台詞を見た時、随分と他力本願な台詞だなぁと思いました。
人形相手に言ってたんだね。
ヒト相手には言えない台詞を人形に言ったのかな。
誰かに上手に甘えられなかったアリスの心の支えだったのかな、“オズ”って。


はぁ~…
感想というより疑問点を羅列しただけになっちゃいましたね。
あと少しだけ。

・ジャックとヴィンスの共通点
1.金髪で長髪、耳にはピアス
2.雪が降る日に恋人(?)に出会った
3.一人の人間にものすごく執着して「○○のために」行動する策士

この二人って何気に似てるんですよね。
2番目に関しては12巻でヴィンスが回想でエイダに「去年の雪の日」に出会ったって言ってました。
何かあるのかな?

あ、また疑問になっちゃった(>_<)


来月号のGFはパンドラハーツが巻頭カラーです。
楽しみにしています。
長くなりましたが、さよなら~




関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

あえてふざけたスタンスで感想を書いている方もいますし、自由でいいと思いますよ。色々な感想の形があって、読んでいて面白いです。
確かに、表情は黒アリスそのものなのですよね。あんな無邪気でいてそして強きそうな笑顔を見せるのは黒アリスしかいない…。だからオズは黒アリスの方に執着していると。
ただあの台詞って本気で言ってる感じではないですよね~。お人形遊びの一環としてやってる感があるので、あれで縫いぐるみオズが勘違いしてしまっているように思えてむなしいです。
ジャックのオズに向けた言葉は深いですね。そういう意味も含まれているのか!とこの記事を読んでいて驚嘆致します。
やっぱりロッティ正座していたんですね。あれは何気に気になっていました。しかし何故に正座…?
ラストのオズの目、疲れたというか、諦めたような目に見えましたね。それに涙を浮かべているようにも見えたのですが、どうなのでしょう?
今回の話があって1巻にもあるあのモノローグに繋がるのかなって思えますね。
コメント失礼しました。

満月さんへ

こんにちは。
〉色々な感想の形
そうですよね。確かにみんながみんな同じ感想を書くより色々な形がある方が面白いですよね。
同じ漫画を読んでいるのにそれぞれ違う感想生まれる……それがまた一つの醍醐味なんでしょう。

〉アリスの語りかけ
あれってお人形遊びの一環なんでしょうか。その考えには辿りつきませんでした。そうだとしたらオズはさらに悲惨な心境になりそうです。

〉ロッティの正座
バスカヴィルになる前は茶道の家元のお屋敷にいましたー……なんてことはないはです(笑)

〉1巻のモノローグ
「そこは全てをのみこむ闇だと誰かが言った。でもけして、光がなかったわけじゃない」
光がなかったわけじゃない、とあるのでパンドラは最後ハッピーエンドなのかな、という考えもできます。
個人的には全てが“無かったこと”になってオズだけが“全て”の記憶を保持している、みたいな終わり方になるのかなーと、思います。

コメントありがとうございました!!

私もそう思います

私もオズに語りかけてきたのは黒アリスではないかと
思っています
でも疑問なんですが服装は白アリスなんですよね
何ででしょう?
私もいろいろと考察していました!
ブログに書いてみたのでコメントくれると嬉しいです
では失礼します

ALICEさんへ

こんにちは。

アリスの服装についてですが…
アリスって人格が入れ替わった瞬間に着替えだしたりするのでしょうか。
私はコミックス8巻の最後の方でギルが「殺してやる!」と叫んでいた時のアリスも肉が好きなアリスではないかと思っています。表情がそれっぽいので。あの時も白いドレスでした。
私たち読者があまり認識していないだけで、白いドレスを着ている黒アリスはいたのかも知れません。

コメントありがとうございました!
ALICEさんのブログにもお邪魔させていただきますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。