スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての元凶?

こんばんは~
オズについて思ったことをちょこっと。
以下、パンドラハーツ69話までのネタバレありですのでご注意ください。




禍罪の子は不幸を呼ぶと言われ、グレンは禍罪の子という“歪み”を生み出す。ならグレンは?
“グレン”という歪みは自然発生なのか。それとも“グレン”を生み出すさらに大きな歪みが存在するのではないか。その“歪み”こそが“オズ”なのではないか。

68話でレヴィが言っていたことから。
「“グレン”と禍罪の子はアヴィスの核に近づくことができる」

コミックス8巻で白アリスの発言より。
「グレンは私から“あの人”を取ろうとするから、ギルバートやヴィンセントは“あの人”に近づくから嫌い」

あの人= アヴィスの核
ギルバート=グレンになる者
ヴィンス=禍罪の子
ギル&ヴィンスはアヴィスの核に近づくことができた。
グレン(オズワルド)は全ての“歪み”の親であるアヴィスの核を憎んでいた。
“歪み”を生み出す存在=罪
アヴィスの核という存在そのものがグレンやバスカヴィル、禍罪の子を生み出し苦しめる。
もしかしてそれが“オズ”?

オズワルドはレイシーの件で自分という“歪み”を憎み、全ての“歪み”を生み出したアヴィスの核を憎んだ。
そしてアヴィスの核に自身の姿を重ねて“オズ”と名付けた。
忘れないように。
アヴィスの核への憎しみを。
レイシーが死んだのは自分の業なのだということを。
“オズ”という禍々しい名前を付けることによって…………

…………飛躍しすぎでしょうか?
いや、妄想のしすぎか(笑)
では失礼します~

スポンサーサイト

ぐるぐるおめめ

こんばんは~
パンドラハーツが好きすぎて毎日妄想に明け暮れています。
GF2月号、69話まで読破しているのでネタバレがあるかも知れません。コミックス派の方はご注意ください。




バスカヴィルさんの“ぐるぐるおめめ”について思ったことをちょこっと。
バスカヴィルの民ってやっぱり目が特徴的ですよね。
あの目って…
ぐるぐるが少ないほど生命力が強いのかな
と、思いました。

情報が少ないのでまだ妄想の域を出ていませんが。

ツヴァイについて。
めちゃくちゃぐるぐるしてますよね。
ギルバートに撃たれた傷が治るまで結構時間かかったみたいでした。
9巻でブレイクにボッコボコにされた時もヤバそうだった。でも、ブレイクはエコーとの二重人格に気付いていたらしかったので“痛い目にあわす”つもりはあったけど“殺す”つもりはなかったようですね。手加減はしてたはずです。お茶会のときには傷は治ってそうでした。

ロッティについて。
ツヴァイほどじゃないけど、結構ぐるぐるしてます。
9巻でブレイクに攻撃されてしばらく動けなくなってましたね。でも、ブレイクが去った直後は普通に歩いてます。

リリィについて。
丸ひとつだけ。ぐるぐるしてないです。
13巻でレイムさんに頭を撃ち抜かれてもすぐに回復。
14巻ではギルにも撃たれて痛いとは言ってるけどピンピンしてます。

ファングについて。
目が細すぎてわかりません。
リリィほど強くはないそうです。

ギルについて。
全くぐるぐるしてません。
生命力はなかなかですが、回復はリリィには劣る…かな?
4巻ではチェシャに傷付けられ、しばらくジャックのところで療養してました。でもその後はオズ探したり、鴉の力を使ったりしてます。というか5巻の最後の方ではオズの近くで突っ伏して寝てましたよね。怪我の治療はしたのかな?
16巻で撃たれた後の回復は速かったです。


…………どうなんだろ?
もしこの考えが正しかったら、レヴィ・オズワルド・レイシーはギル並みの生命力と治癒力があったってことですよね。リーオくんはロッティ以上リリィ未満くらいですよね、多分。

歴代グレンとグレン候補だったギルは普通の目なのに、リーオくんだけぐるぐるしてたのが気になりこんな考えに至りました。
同じバスカヴィルなのに瞳がぐるぐるしてたりしてなかったり。
レイシーがいたりリーオくんがいたりするので、グレンだから瞳はぐるぐるしないとかグレンじゃないからぐるぐるするだとかじゃないみたいですし。
ツヴァイなんてエコーの時は普通の目だし………
あぁ、考えてもわからないのでもう寝ます!

おやすみなさい~

今日も今日とて

はい、今日も今日とてトンデモ妄想をします。
昨日の妄想は今日の生きる糧となり、明日の恥となる……そんな管理人です。
パンドラハーツのネタバレがあります。コミックス派の方はご注意を。




今日はコミックスの7巻を読み返して思ったことを。
まず、ジャックのマントが気になりました。留め具のところが。
あの留め具って………68話の最後に子ギルが着てたマントの留め具によく似ているなぁ、と。
これは本当に子ギルヴィンが逃げ出してきたお屋敷はベザリウスってことなのか!?
見間違えか考えすぎか妄想しすぎかかも知れませんが。


あと、100年前に存在していた“オズ”について。肉体を持っていなかったのでは、と妄想。
魂だけのフワフワした存在で、色んな人に乗り移ってたり、とか。子ギルとか子ヴィンスとかジャックとかに。
白アリスのセリフです。

『 グレンは嫌いよ 私からあの人を取ろうとする ギルバートもヴィンセントもあの人に近づく人はみんな大嫌い 』

あの人=オズの前提で。
グレンはオズを罪だと、排除しようとしていた。ギルヴィンはオズに肉体を乗っ取られたりしていた。(=近づいてた)
ジャックは?
……………………わかりません。


時間がないので失礼します。
さよなら~

トンデモ説

はろー(^-^)/
今からパンドラのトンデモ(いやぁそりゃねぇだろうよ、な)説を語ろうと思います。ただの妄想です。
所々ネタバレがありますので、コミックス派の方はご注意を。





はい。管理人が妄想を吐き出します。ザイ・ベザリウスについての妄想です。
「ザイってギルの父親だったりしないだろうか?」というあり得ない考えです。
私がそんなトンデモ説を唱えた理由はいくつかあります。

①顔があかされていない
当ブログのPH ランキングでもネタにしましたが、ザイはどんな状況においても素顔が明かされていません。10巻でオズをアヴィスに堕とした犯人だとバレたのにも関わらず顔を隠す理由がわかりません。オズがおじさんになった顔じゃダメなのかな?

②表情
口元でしか表情のわからないザイですが、たいてい無表情か馬鹿にしたような笑顔をしています。そんな彼が怒った様な口元をしているコマが1つだけありました。1巻で子ギルがオズに斬られたのを見てアリスが笑った後です。オズをアヴィスに堕とすときは無表情なのに。

③ギルの顔のハブられ感
10巻のギルとザイの対峙したときの話です。あの話を読んだ後、「今回はギルの目が半分くらい描かれていなかったなぁ」と思いました。望月先生が忙しかっただけなのか、顔面丸見えなのに目が描かれていないザイと対比させたかったのか。後者かな?


そういえばギルとヴィンスってよく目が似ていると言われますよね。ブレイクとか、ヴィンスの回想の中の女の人とかに。今の私にはそれすらも伏線に思えてしまいます。


ザイについてもうひとつ。今度は父親説に比べるとだいぶまともな妄想だと思います。
1巻でのザイの黒うさぎへの発言です。

また、お前は私たちの邪魔をするのか」

『また』と言うことは以前にも邪魔をされたということ。ザイは黒うさぎとあの成人の儀以前に会ったことがあるのかな、と。
それなら怒った様な表情で斬りかかるのもわかります。



ふぅ~……本当にトンデモな妄想をしました。
では、失礼しました!

Alice is mine !

こんにちは~。
以下、パンドラのネタバレがあります。コミックス16巻まで読まれている方は大丈夫です。



さて、パンドラハーツ20話のオズの発言について。

「 オレが壊してあげるよ
アリスを哀しませるもの 傷つけるもの全部
だから 笑って ねぇアリス オレの大切なアリス

ここで、恐らく私だけでなく皆さんも「アリスはいつお前のものになったんだ!?」って思ったのではないでしょうか?私は思いましたよ。
「え、何?オレの大切なアリス!?『Alice is mine』 だと!?ふざけるな!!アリスは管理人の嫁だぁー」と言いたくなったあの日が懐かしいです。

しかし、8巻・16巻を見てみると違う意味合いのような気がしてきました。
『オレの大切なアリス』というのは『オレが大切に思っている方のアリス』という意味だったのではないかと。
黒うさぎのアリスとアヴィスの意志のアリスとは完全な別人。オズが大切だったのは黒うさぎのアリスの方なのでしょうか?

16巻のブレイクに願いを託すアヴィスの意志の発言も気になります。

「私を、あの子を、アリスを助けて」

登場時には自分の名前はアリスって言ってたのになぁ。

①私、あの子、アリスはそれぞれ別人。私たち3人を助けて!
②私、あの子=アリス。私たち2人を助けて!
③私=アリス、あの子。私たち2人を助けて!

………どれだ?わからんぞ。


20話の『オレの大切なアリス』発言はアリスファンに対する宣戦布告ではないと信じたい今日この頃です。
ではこのあたりで失礼します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。