スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手ありがとうございます!!

こんばんは~。
まともな記事を書かない管理人です。
今まで「君の記事、いくらなんでもつまらないよ。ちょっと反省しなさい」とジャック・ベザリウス様の革命的な指導を受けておりました(笑)
以下、拍手レスです。


4月25日Kさん。
一応お名前伏せておきますね^^
私もインターネットはほとんどパンドラ関連で使っています。
リンク先の方たちのブログをはじめとして、たくさんのパンドラサイト様を放浪してます。最新話の感想だけでなく、1~2年前のGFの感想なども楽しく懐かしく読ませていただくことができます!
拍手コメントありがとうございました。またお暇があれば是非遊びに来てくださいね♪



最近、関西はだんだんと暖かくなってきました。半そでの人もチラホラと見かけます。
私は学校生活に慣れていくにつれて行事や部活などもどんどんと忙しくなっていってます。
そろそろ勉強もしないといけないな・・・。
私は基本、宿題は家まで持って帰らずにできるだけ学校でするので、勉強してなかったら本当にしていません。
私の通っている学校では、家庭科とか保健体育とかの授業中は私を含めて多くの子が数学の宿題しています。←
高校ってどこも似たようなものでしょうか?皆さんもっと真面目なのかしら・・・?

しかしながら、古文の宿題はボリュームがあるので家でします。
というわけで今から古文です。さようなら~

スポンサーサイト

…え?今そこくる?

いくつか前の記事にも書きましたが、私は3月20日から3月25日まで親戚の手伝いとして百貨店にアルバイトに行っていました。

私の記事に暖かいコメントをくださった皆さん、わざわざお越しくださった皆さん、本当に感謝しております。ありがとうございました!!

多くのパンドラサイト様がコミックスや小説の感想を書いていらっしゃる時期ですが、私はアルバイトをしていて思ったことを書きます。
そう、管理人は空気を読まない人間なのです!だから懲りずに馬鹿やってジャックに粛正されてしまうのです(笑)


では、アルバイトの感想(?)を。

そもそも、アルバイトしてその感想を書くなんて大げさな感じがしますが、まあ、今回は色々思うことがあったので…

今回、私は初めて百貨店に“従業員”の立場として行きました。
百貨店の従業員さんは一見華やかそうに見えますが、立ち仕事なので結構疲れます。“お客様”から“従業員”に視点がかわってようやく気付きました。

最近私は時々親戚を手伝っていて、食品会社のショーや小売店で試食販売などは経験していました。
なので、お客様に声をお掛けして、試食をおすすめして商品に興味を持っていただくということは経験済みです。

今回はそれにプラスしてレジと商品の梱包の仕事もありました。
初めてお金を扱ったり、商品を紙に包んで袋に入れてお渡ししたりと緊張しました。

期間中、ちょっとしたミスや手際の悪さは目立ちましたが特別大きな問題を起こすことはありませんでした。

私がした“ちょっとしたミス”の中で最も大きかったミスは配送金額を誤ってしまったことでした。

幸いお客様に損をさせてしまうような誤りではなかったのですが、親戚の会社側に損をさせてしまうことになりました。

私がその配送を承った時、会社の社員が休憩でいなかったので、私が勝手に判断した結果そうなってしまいました。

社員さんが戻って来てからミスが発覚し、私は少しだけ怒られました。

アルバイト期間が始まる前日に研修があったのにそれを生かせなかった。せめて百貨店の従業員さんに確認しに行ったら良かった。………など思いました。

今まで私が“仕事”でしてしまった最も大きなミスだったので、結構悩みました。
家に帰るまでは我慢していたのですが、帰ってから大泣きしました。

その時に、私は「気にする必要はない」と言われました。「〇〇(私の名前)がミスをしたとしてもそれは〇〇の責任ではなく、社員や社長の責任なのだ」と。

確かに私はただのアルバイトです。今いてる親戚の家の会社を手伝っているだけなのでバイト代をもらっていません。アルバイト未満と言うべきかも知れません。

私は親戚の会社の手伝い以外で“仕事”をしたことがありません。
私は働いた経験が無い者なりに一生懸命に仕事をしてきたつもりでした。それでもどこかに気の緩みはあったのです。

研修のときに「まあ、配達を頼まれることなんてないよね」と軽く考えていました。そのせいで配達料金を確認せず仕事に挑み、ミスをしました。

自分の認識の甘さや未熟さを痛感させられることになりました。
“仕事”は“学校”や“勉強”よりももっともっと大変なものなのだと思い知らされました。

“学校”や“勉強”は多少気を抜いてもミスをしても、損をするのは大抵自分だけです。でも“仕事”は違います。ミスによっては同僚や上司に迷惑をかけたり、お客様に迷惑をおかけすることになります。

私の今回のミスは上司に、親戚の会社なので、親戚に迷惑をかけることになりました。所詮は親戚です。“謝れば済む”というところがあります。
そういう意味では私のしているアルバイトは“勉学”と“仕事”の間くらいの立ち位置かも知れません。

もうひとつ、“責任”のことを。
今回の私のミスが“上司の責任”になったことについて。

私はこの“責任”の転換を見て、子供が馬鹿をすると親の責任になる…という姿を見せつけられたような気がしました。

私は優等生ではありませんが、特別不良だったわけでもありません。それでも、私は今まで両親にたくさんの“責任”を押し付けてきたのだと思います。

私はまだ高校生で、未成年者です。
馬鹿をしても謝ることしかできず、“責任”は両親や親戚などの大人に背負ってもらって生きています。

今はまだ“高校生だから”、“未成年者だから”といった言い訳が私を守ってくれます。
なら、3年後は?5年後は?
私も近い将来“大人”になり、言い訳は消えてしまうのです。

言い訳が消えた後、私はちゃんとやっていけるのだろうか?………少し不安になりました。

感想はこれくらいです。


期間中、お世話になった百貨店の従業員さんや会社の社員さん、アルバイトの皆さん、ありがとうございました。
皆さん、要領の悪い私に優しく、たくさんのことを教えてくださいました。

親戚にも世話になりました。
ミスをした日に「私、ミスするし要領悪いしもう明日から行かない方がいいかな…」と泣いていた私を慰めてくれました。ありがとう。

そして、商品に興味を持ってくださったり、お買い上げくださった皆さん、ありがとうございました。
試食を召し上がられた時に「美味しい」と笑ってもらえると嬉しかったです。勿論、商品をお買い上げいただいた時もとても嬉しかったです(笑)

皆さんのおかげで無事に6日間、仕事をすることができました。

全ての方々に感謝して、終わりとさせていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。