スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も読まなさそうな小論文

七花さん!七花さん!ようやく書き終わりましたよ!!
以前七花さんとオフ会をさせていただいた時に、
「七花さんのリーオとエリオットの小論文読ませていただきました~。私ももう一度小論文書いてみようと思います」
と発言いたしました。そしてあれからもう3週間以上が経過しました。
七花さんはもうお忘れになってしまったかもしれませんが、せっかく完成させたので載せようと思います。

「お気に入り作品で小論文を」という素晴らしいお題を考えてくださった満月さんのブログにはオズの小論文が、七花さんのブログにはリーオとエリオットの小論文があります。どちらも今回の小論文を書くにあたって参考にさせていただきました。ありがとうございます。
お二方のブログへはリンク集からどうぞ!!

これからこの小論文をお読みになる皆さんへ。
満月さんや七花さんのような素晴らしい小論文を期待していると確実に裏切られます。当ブログの管理人は基本的に真面目な感想考察を書きません。
どうかそれを心にとめて、お読みください。


さて、それでは「ミランダ=バルマで小論文」です!!

1. 作品名を述べよ

PandoraHearts

2. ミランダ=バルマの気になる点を200字以内で述べよ
私が思うミランダの気になる点は目の大きさだ。ジャックが23歳のとき、彼女は兄のアーサーによく似た小さな目をしていた。しかし、2年後のジャックが25歳のときに登場した彼女は、以前の約1.4倍の大きさの目を持っていた。このことより、私はミランダが美容整形手術を受けて目を大きくしたという仮説を立てた。もしこの仮説が正しければ、彼女の豊満な胸も整形手術の賜物かもしれないという新たな仮説が生まれてくるだろう。(196文字)

3.ミランダ=バルマの生い立ちについて200字以内で述べよ
ミランダはかの国の貴族の娘として生まれた。国を追われた立場の貴族ではあったが金銭的に苦労をすることはなかった。しかし彼女は容姿に恵まれなかった。兄のアーサーによく似た小さい目に小さい胸、ミランダは自身の地味な風貌を呪った。そんな暗い思いを抱えていた彼女はある日偶然テレビで浜崎あゆみを見かけた。それはまさに運命だった。彼女は浜崎あゆみのような容姿を手に入れるため、美容整形という手段を選んだ。(199字)

4.本作の宣伝文を350字以内で述べよ
美しくなりたい―それは女性ならば誰でも一度は抱く想いだろう。顔もスタイルも、美貌に関しては恵まれていなかったミランダ。彼女は「美しくなりたい」という想いのもと、たくさんの努力をした。しかしその努力が報われることはなかった。マスカラを使っても、つけまつ毛をつけても、ごまかすことのできない目の小ささ。牛乳を飲んでも大きくならない胸のために女性らしい服装をすることができない悲しさ。それらが彼女を絶望の深淵へと堕とそうとしたとき、ひとりの歌姫が舞い降りた。
日本のみならず世界中の美容整形医師たちから多大なる支持を受けている本作品は、望月淳という一匹のメス猫によって生み出されたものである。人間にはわからない「猫から視た人間たち」を笑いあり涙ありリアリティーありで描いた本作品を是非一度手にとってほしい。(344字)


5.言い訳
だってミランダ出番少ないんだもん!こうでもしなきゃ文字数稼げないんだもん!!
・ ・・・どうやら管理人にはミランダの小論文はハードルが高すぎたようです。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました!!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~。

なんですかあれなんですかあれなんですかあれ!?(ギル風)

吹いたじゃないですか。

作画の変化という痛いところを付いた論展開。
初めて登場したのは10巻。ジャック25歳です。
次に登場したのが17巻。ジャック23歳です。
…前後しているのですから、目が小さくなるのは仕方無いんじゃないですかねぇ。※真面目な話です。

本編にそんな話あったっけ?と思うほどのミランダ物語でした。
なんということでしょう。ミランダの設定や容姿などの断片的情報から見事にストーリーを築き上げていっているではありませんか。
感服致しました。

ではコメント失礼しました。





((ついで))…宣伝文がパラレルでよくわからなくて笑いました。

やあ、満月さん

こんにちは!君とこうしてお話するのは随分久しぶりのような気がするよ。
返信が遅くなってしまってすまないね。

5月号のGFはレイシーと私の甘いラブストーリーだったのに、管理人は空気を読まずにミランダに関する小論文を書いたようだね。
ふむ。稚拙で妄想の塊のような記事を恥ずかしげもなくネット上に載せる管理人のような人間のことを「外道」というのだね。管理人の記事を読んでようやく気付けたよ!
・・・え?お前が言うな??
いきなり何を言うんだい、満月さん。

そんな外道な管理人のミランダに関する記述なのだが・・・・実はアレは真実なんだよ。
サブリエの悲劇の直前も「私は美脚が欲しい!なんとしても手に入れたい!少女時代のような美脚を私に!!!」と叫んでいたよ。
怖い人だったよミランダは。

コメントをくれておりがとう、満月さん。
どうやら君は今とても忙しい生活をしているようだね。体調をくずさないようにして、楽しい学生生活を送っておくれ!
では、また会おう!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【誰も読まなさそうな小】

七花さん!七花さん!ようやく書き終わりましたよ!!以前七花さんとオフ会をさせていただいた時に、「七
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。